土地:堂々の南原バイパス線沿い   区画三

敷地面積: 1000.0m²(302.5坪) 坪単価: 160,330円 建ぺい率・容積率: 20%・20%
不動産ナンバー:A02120706
  • 新軽井沢南原の土地画像1:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:西側の町道より当該地を望む。自然の唐松、赤松、落葉樹と敷地境に列植したドウダンツツジに風が吹き渡ります。
  • 新軽井沢南原の土地画像2:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:東側の町道は幅員が9.6~11.0m程もあり、一段高い敷地に石積みと法面のエントランスが設けられています。
  • 新軽井沢南原の土地画像3:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:東側接道を北方向に撮影。左手の新芽を出した法面の土地が当該地です。
  • 新軽井沢南原の土地画像4:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:600mほど北に行きますと、国道18号に出ます。町立図書館、軽井沢町歴史民俗資料館、軽井沢現代美術館があります。
  • 新軽井沢南原の土地画像5:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より西側を望む。深い木立が続き、強い西日とも無縁です。
  • 新軽井沢南原の土地画像6:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より東側を望む。一段下がって、南原バイパスの通りに約30m余接しています。
  • 新軽井沢南原の土地画像7:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より北側を望む。北側の深い林もこの地に静寂をもたらしています。
  • 新軽井沢南原の土地画像8:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より南側を望む。木々の間を風が吹き渡る、爽やかなエリアです。
  • 新軽井沢南原の土地画像9:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:西へ200mほどのところに、「南原文化会」のコミュニティがあります。
  • 新軽井沢南原の土地画像10:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:林の中に香りを漂わせる山百合。短い夏を謳歌するかのようです。
  • 新軽井沢南原の土地画像11:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:現代に受け継がれ、古き良き時代を彷彿とさせるかのような南原の建物。
  • 新軽井沢南原の土地画像12:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:南原の内部に立ち入れば、道は敢えて土道のままに保持され、樅や松の木々が出来るだけ保存されています。

「南ヶ丘」の西の一部である「南原」に入ろうかという辺り、国道(旧道)18号の信号「南原」から南東に延びる、旧下仁田線(南原バイパス、俗称南原通り)を6~700m南下したその通り沿いです。小高い原野だったところを、盤を平均化し、土塁、石積み、法面工で約1000㎡毎に区画、造成しました。各区画には町道に接する浸透トレンチ付きのエントランスを設け、雨水処理として各々長さ22.0mの浸透トレンチを施工しています。長い歴史を持つ南原の一角に、幅員約10mの舗装路に接して整形に区画割りされた本分譲地は堂々とした姿ですが、余り時を経ずとも、そこに建築された建物とともに貫禄すら感じさせるエリアとなることでしょう。既に赤松、唐松の間にモミジやツリバナ、ドウダンツツジ等の植栽がいくらか施されてはいますが、これから思い思いにどのような木立のお庭をを作っていくのか、楽しみでもあります。

更新日:2012年08月11日
土地の周辺環境データ

眺め 生活便利 平坦地 別荘地 森の中
4850 万円
印刷用ページ
ここでクリアー
最寄駅軽井沢駅
駅から0.0km
高速IC碓氷軽井沢
ICから0.0km
所在地 新軽井沢(南原)
敷地面積1000.0m² (302.5坪)
用途地域第一種低層住居専用地域
建蔽率 20%   最大約60坪(参考)
容積率 20%   最大約60坪(参考)
地目宅地
地勢平坦
眺望
水道公営水道
電気中部電力
ガス個別プロパン
排水汚水個別浄化槽
温泉無し
駐車場無し
私道負担無し
道路東側幅員約10mの公道
管理費等無し
取引形態媒介
法令上の制限その他備考

長野県景観条例
軽井沢町の自然保護対策要綱 他

・上記価格は全て税込みまたは非課税表示となります。
・掲載内容と現況が異なる場合は現況優先となります。
・現地案内御希望の場合は事前にお申込みください。

新軽井沢南原の土地画像1:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:西側の町道より当該地を望む。自然の唐松、赤松、落葉樹と敷地境に列植したドウダンツツジに風が吹き渡ります。
【写真1】  西側の町道より当該地を望む。自然の唐松、赤松、落葉樹と敷地境に列植したドウダンツツジに風が吹き渡ります。
新軽井沢南原の土地画像2:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:東側の町道は幅員が9.6~11.0m程もあり、一段高い敷地に石積みと法面のエントランスが設けられています。
【写真2】  東側の町道は幅員が9.6~11.0m程もあり、一段高い敷地に石積みと法面のエントランスが設けられています。
新軽井沢南原の土地画像3:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:東側接道を北方向に撮影。左手の新芽を出した法面の土地が当該地です。
【写真3】  東側接道を北方向に撮影。左手の新芽を出した法面の土地が当該地です。
新軽井沢南原の土地画像4:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:600mほど北に行きますと、国道18号に出ます。町立図書館、軽井沢町歴史民俗資料館、軽井沢現代美術館があります。
【写真4】  600mほど北に行きますと、国道18号に出ます。町立図書館、軽井沢町歴史民俗資料館、軽井沢現代美術館があります。
新軽井沢南原の土地画像5:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より西側を望む。深い木立が続き、強い西日とも無縁です。
【写真5】  分譲地内より西側を望む。深い木立が続き、強い西日とも無縁です。
新軽井沢南原の土地画像6:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より東側を望む。一段下がって、南原バイパスの通りに約30m余接しています。
【写真6】  分譲地内より東側を望む。一段下がって、南原バイパスの通りに約30m余接しています。
新軽井沢南原の土地画像7:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より北側を望む。北側の深い林もこの地に静寂をもたらしています。
【写真7】  分譲地内より北側を望む。北側の深い林もこの地に静寂をもたらしています。
新軽井沢南原の土地画像8:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:分譲地内より南側を望む。木々の間を風が吹き渡る、爽やかなエリアです。
【写真8】  分譲地内より南側を望む。木々の間を風が吹き渡る、爽やかなエリアです。
新軽井沢南原の土地画像9:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:西へ200mほどのところに、「南原文化会」のコミュニティがあります。
【写真9】  西へ200mほどのところに、「南原文化会」のコミュニティがあります。
新軽井沢南原の土地画像10:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:林の中に香りを漂わせる山百合。短い夏を謳歌するかのようです。
【写真10】  林の中に香りを漂わせる山百合。短い夏を謳歌するかのようです。
新軽井沢南原の土地画像11:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:現代に受け継がれ、古き良き時代を彷彿とさせるかのような南原の建物。
【写真11】  現代に受け継がれ、古き良き時代を彷彿とさせるかのような南原の建物。
新軽井沢南原の土地画像12:堂々の南原バイパス線沿い   区画三:南原の内部に立ち入れば、道は敢えて土道のままに保持され、樅や松の木々が出来るだけ保存されています。
【写真12】  南原の内部に立ち入れば、道は敢えて土道のままに保持され、樅や松の木々が出来るだけ保存されています。

ご案内ご希望の方

資料請求

売却をご希望の方

ご購入について

軽井沢・佐久情報館 フォトギャラリー

物件をお探しの方

詳細に検索する

軽井沢・佐久の別荘・土地・不動産なら「アクアリゾート株式会社」にお任せ下さい

新築プラン

新着物件から探す

おすすめ物件から探す