軽井沢風のガーデン

「ホテルパーモラル軽井沢」風のガーデン

軽井沢では初のリンゴ園 11月10日頃収穫するそうです。

「誓いの丘」正面に浅間山が見えます。

ガーデン内のボール咲ダリア

広大な敷地には四季折々の鮮やかな花々が咲いています。

Posted by : Toyama

彼岸花

発地の水田の畦道に群生する「彼岸花」

まだ、ほとんどが蕾で見頃はしばらく先のようです。

彼岸花の先に浅間山が望めます。

Posted by : Toyama

アサギマダラマーキング

アサギマダラのマーキングです。

記載内容はカル6(軽井沢-メンバーの番号)、28(今シーズン28番目)

9-28(9月28日)

本日は数名の方がマーキングをしておりました。

長野県内で情報を整理する方がおり、その方にマーキングのデータを

送信、飛んで行った先からの飛来情報も還元されるとのことです。

マーキング後、放蝶しました。

マーキングはメンバーの方以外はできません。

Posted by : Toyama

手作りパン

仮称「ねじりパン」

パン生地に自家製のベニイモペーストをねじ込んでいます。

パンプキンペーストをねじ込んでいます。

焼きあがりました。

お彼岸なので「おはぎ」も作りました。

Posted by : Toyama

アサギマダラ飛来

借宿にあります「蝶の楽園」でアサギマダラの撮影ができました。

数多く飛来しており、吸密に集中しているので、かなり近付いて

撮れました。

フジバカマはまだ5分咲きなので、こらからもしばらくの間楽しめます。

フジバカマには色々な種類の蝶が集まるそうです。

運よくクジャクチョウが撮れました。翅の裏側は不気味な黒色です。

翅の裏と表とは全く違います。

アサギマダラの飛来は、これからがピークと思いますので是非お出掛け

下さい。

Posted by : Toyama

アサギマダラ

御代田町児玉の「アサギマダラの会 吸密草フジバカマ圃場」の様子を

見学に行って参りました。フジバカマの開花が始まってます。

アサギマダラの案内看板です。

9月2日に初めて1頭(蝶の数え方は1頭、2頭と数えるようです)飛来

したとのチラシが貼ってありました。

本日は1頭確認できましたが、残念ながら写真は撮れませんでした。

蝶が多く飛来するには、まだ暑いようです。

Posted by : Toyama

秋の花2

秋の花の代表「コスモス―秋桜」方々できれいに咲いています。

玄関に活けました。

種類は「ピコティ」かと思います。白地に赤の縁どりが入ったツートン

カラーが目を引きます。

白もきれいです。

Posted by : Toyama

秋の花

秋の七草の一つフジバカマ、つぼみも膨らんできました。

9月には開花し、たくさんのアサギマダラが飛来します。

整備されたフジバカマの公園です。土地の所有者が何年も丹精込めて整備

しています。

フジバカマの密に含まれる成分はアサギマダラ蝶の身を守ります。

公園の案内看板です。

9月中旬、アサギマダラが飛来している様子をお知らせします。

Posted by : Toyama

魚つかみ取り大会

7月13日借宿分館の子供ふれあい事業としてマス・イワナの「魚つかみ取り」

大会を実施いたしました。

100名以上が参加。温度も久々に20℃超えで、子供たちも素足で生けすに入り、

懸命に魚のつかみ取りをしました。

手作りの生けすと子供用プール2カ所に、八千穂の養魚場で育ったマス・

イワナを放流しました。

例年恒例の行事なので、子供たちも慣れたもので、大多数が軍手を用意

して来ています。

生けすより跳ねだしたイワナをつかもうと、おばあさんが素手で苦労

してつかんでいます。

今年の軽井沢は冷夏で、入り込み客に影響がでないか、また、野菜の生育が

心配です。

Posted by : Toyama

借宿史跡めぐりウォーク

「借宿地区の文化財を訪ねて」の史跡めぐりに参加いたしました。

昨日の信濃毎日新聞にも掲載されましたので、是非ご覧下さい。

借宿は村の中心を中山道が通り、女街道や草津道の分岐点でもあり

交通の要衝でもありました。

下は大日堂です。現在の公民館の位置にあったが、昭和31年に取り壊され

公民館北側にその一部のお堂が残っております。

中には、大日如来、如意輪観音、地蔵菩薩、阿弥陀如来などが安置

されております。

馬頭観音、この地域最大級、高さ4m弱の自然石、明治5年に建立されました。

「黄壁布屋」通称穀屋です。土蔵の下部に高札が復元されています。

所有者様のご厚意により、建物内部も見学させていただきました。

格子戸の奥には膨大な数の古文書が保存されています。

借宿から東方面を描いた地図です。左から中央下に向かう黒太線が中山道。

右上に伸びる線が草津道、中央下部の青太線は湯川。

借宿村記載の楕円から南に下る赤線が女街道。

「借宿の文化財と伝説・昔語り」の冊子も今年発刊され、今回の史跡めぐりも

この冊子により主催者から説明があり、有意義な体験ができました。

Posted by : Toyama

Videos, Slideshows and Podcasts by Cincopa Wordpress Plugin