雪の舞う朝

12月5日(火)、朝、窓の外を見ると雪がチラチラ...

畑にもうっすらと積もっていました。

軽井沢方面への渋滞を考え、いつもより早めに出発。

辺りは真っ白、予想通りの渋滞でした。

到着するころには青空が出てきました。

これからの時期は、運転にもよりいっそうに注意が必要ですね。

Posted by : Mutsumi

冬の庭に。

実家から、菊の鉢植えをもらいました。

菊農家さんからいただいたものだそうで、大切にここまで大きくしてきたそうです。菊の時期は過ぎているそうですが、遅い菊だそうです。淋しくなってしまった庭に、明るい色が映えます。もうしばらく楽しめそうです。

Posted by : Keiko

空の魅力~

12月3日(日)、今朝の日の出。

6時53分、今日は良いお天気になりそうです。

昨日、佐久市へ行った際に空に漂うバルーンを発見!

青空高く空の散歩、気持ち良さそうです。

このときは1基しか見当たりませんでしたが...佐久市では毎年5月の連休に

「バルーンフェスティバル」が開催され

色とりどりのバルーンがたくさん空に浮かびます。

県内外からのお客さんで大変賑わいますよ。

バルーンに乗れる体験もできるようなので、楽しそう(^o^)

興味のある方は是非、遊びに来てみては?

Posted by : Mutsumi

アロマキャンドルのお店

会社の近くにある、アロマキャンドルのお店に行ってきました。

ひっそりと佇む小さなショップ。

キャンドルが大好きで、たくさん集めていますが、ここのキャンドルはオリジナルで、他では手に入りません。しかも全て手作り!

店内に入ると、アロマの良い香りと、優しい灯で迎えてくれます。

営業時間内なら、予約でいつでもワークショップを開催してくださるとのこと。ぜひ、時間を作り参加してみたい思っています。

ネロリとゼラニウムのブランドを選びました。置いておくだけでも、美しいオブジェになります。

お店は、こちらです。

Posted by : Keiko

師走です

12月1日(金)、今日から12月、今年も残すところあと1ヶ月となりました。

「師走」と言われる意味は実はいくつかあるようで、「師が走る」は一般に知られているでしょうか。

この「師」は誰を指すのかもいくつか説があるようです。

「し・果す」説。これは「し」が終わる事を指します。「し」とは、「仕事」や「四季」「年」を意味しています。

「当て字」説。これは国語辞典で師走の意味を調べると「師走というのは当て字である」とされています。

奈良時代の書物には「12月」と書いて「しはす」と読み仮名がふってあり、もともと奈良時代の人は12月の事を

「しわす」と読んでいた、という事で誰かが字の意味を無視して適当につけた言葉という事になります。

この他にも、諸説あるようなので調べてみるのもおもしろいですね。

今朝8時30分、気温は0℃。霧が出て、視界も悪く...

こんな状態でしたが、15分ほど走ると...

こんなに青空が!

日中も良く晴れそうです。

寒いけど、元気が出ますね(^o^)丿

Posted by : Mutsumi

三笠通りのからまつ並木

新日本街路樹100景に選ばれている三笠通りのからまつ並木。春の芽吹きや秋の黄葉が、とても綺麗で、多くの詩歌にも詠まれるほとです。旧軽ロータリーを抜けてこの道に入ると、凛とした空気に包まれるよう。重要文化財指定の旧三笠ホテルもこの通り沿いにあり、周りは豪奢な別荘が並びます。歩道もありますので、ゆっくりと歩いてみてください。

Posted by : Keiko

花芽

シャコバサボテンの紅白の花芽が出てきました。

しばらくの間、夜間はダンボール箱をかぶせ光にあてないように

していました。

長年咲いておりますが、長さが不揃いになってきました。

「金のなる木」今年の花芽は多くあり、咲くのが楽しみです。

Posted by : Toyama

東京土産。

先日、東京土産に大好きな、こちらを頂きました。

東京駅構内のR.Lワッフルです。

可愛いイラストの外箱から、こちらのスタイリッシュな内箱が出てきます。

そして、全種類違う味のワッフル!

どの味から頂こうか迷うのも楽しみ。ポップやビジュアルが、子供達にも喜ばれるお土産ですね!味は、甘すぎなくてどれも美味しいです。

Posted by : Keiko

いい風呂の日です

11月26日(日)、タイトル通り今日はいい風呂の日です。

寒い日にはゆっくりとお風呂に浸かって、ホッとしたいものです。

浅間山はすっかり冬の山になっています。

間もなく12月。雪が積もるのも近いでしょうか。

軽井沢の厳しい冬の到来です。春が待ち遠しくなりますね。

Posted by : Mutsumi

氷の花

先日氷点下5℃以下に下がった日に、氷の花を見ることができました。

この植物名は「シモバシラ」ですが、根から吸い上げられた水分が枯れた茎から

しみ出し、冷たい外気に触れて凍っていくことで作られます。

白いきれいな、ふわふわな氷の花ができました。不思議な花です。

9月16日に公開した「シモバシラ」の花が咲いていた時の画像です。

年2回楽しめます。

Posted by : Toyama

Videos, Slideshows and Podcasts by Cincopa Wordpress Plugin